賢く格安航空券を使う!

- 格安航空券とホテルをセットで使ってみよう

格安航空券とホテルをセットで使ってみよう

パックツアーはなぜ安いのか。それを逆手にとる方法があります。つまり格安航空券とホテルをセットで購入する方法です。どんな賢い使い方があるのでしょうか。

そもそも格安航空券とは

そもそも格安航空券とは、旅行代理店がツアー用に割引で仕入れたチケットを、個人向けに販売したことから始まります。ならばパック利用してみれば、メリットはありそうです。

パンフレットを手に取れば、ホテルと往復のチケットがついて、なぜこの値段なのか。不思議に思うことがありますね。言い換えれば、その値段でも赤字にはならないのです。であれば格安航空券に対して引け目を感じる必要はありません。

ホテルに泊まらない裏技

格安航空券単独でも安くなりますが、ホテルと組み合わせるとより割安になることもあります。もちろん倫理的には、あらかじめ決められたホテルに泊まりましょう。とはいえ泊まる義務もありません。

なお最少催行人数が1人という意味不明なツアーであっても、旅行条件を事前に確認しましょう。後々法外な損害賠償請求をされる可能性もあります。

ただし既にホテル料金込みのセットツアーであれば、キャンセル料は発生しません。もし本当に泊まる気がないなら、当日であっても連絡するのがマナーです。

旅行代理店から、指定したホテルに泊まらないなら帰りのチケットが無効になる!強い口調で告げられることもありますが、法的には心配ないようです。あくまでも道義的な問題です。

閑散期が狙い目です

宿泊をセットにすると安くなる、仕組みはどうなっているのでしょうか。ある意味では宣伝です。無駄な広告費を使うより、リピーターを掴みやすいメリットがホテル側にあります。

中でも閑散期はおすすめです。お得なオプションが追加されることもあります。広い部屋が使えたりもします。ビジネス目的であっても、割引の食事チケットなどがあったりしますよ。積極的に探してみましょう。

使ってみましょう

格安航空券とホテルをセットで使ってみましょう。本来的な使い方でもあります。閑散期であれば、お得なサービスが少なくありません。

関連する記事

Copyright(C)2016 賢く格安航空券を使う! All Rights Reserved.