賢く格安航空券を使う!

- 格安航空券でも機内サービスが使えます

格安航空券でも機内サービスが使えます

格安航空券だからといって、引け目を感じてはいけません。乗ってしまえば正規のチケットと同じです。機内サービスが使えます。特に国際線ならば、LCCよりもメリットは大きいはずです。

LCCとは機内サービスが違います

JALやANAなどの格安航空券と格安航空会社LCCとの大きな違いは何か。それは機内における無料サービスの有無です。

LCCはチケット代が激安です。とはいえ荷物を預けたりする際にお金がかかります。機内でのドリンクも有料です。もちろん国内線であれば、短時間なので我慢できるでしょう。とはいえ長距離便であれば、差は歴然です。

乗ってしまえば同じです

旅行代理店やネット経由で購入した格安航空券であっても、チェックインし乗ってしまえば、正規のチケットと同じです。機内サービスを使えます。

格安チケットだからといって、CAさんから露骨な態度をされることもありません。そもそもそんな航空会社があるならば、利用すべきではないでしょう。もちろん淘汰されていくはずです。

ビジネス目的の国内線であれば、預け荷物もないだろうし機内サービスも不要でしょう。経費で落とせるなら、チケット選びのポイントは予約のしやすさだけかもしれません。ならば直前まで予約できる航空会社自らが販売する割引のチケットもおすすめです。

エコノミークラスでも不便はありません

ファーストクラスで優雅な旅をしたいなら、もちろん話は別です。とはいえ機内では気圧が低いので、味覚が麻痺しがちです。食事やアルコールの拘りは無意味です。

機種にもよりますが、いわゆるロングフライト症候群の問題もあるので、エコノミークラスでも、座席間隔を広くする傾向にあります。トータルで考えれば、海外便であっても格安チケットによる不便さは感じません。

格安航空券を使ってみましょう

格安航空券であっても、機内サービスを有効に使ってみましょう。CAさんはいちいち区別していません。もちろん傲慢な態度は厳禁ですが、楽しいフライトになるはずです。

関連する記事

Copyright(C)2016 賢く格安航空券を使う! All Rights Reserved.