賢く格安航空券を使う!

- 時間を気にするなら格安航空券を使おう

時間を気にするなら格安航空券を使おう

矛盾するように聞こえるかもしれませんが、時間を気にするなら、格安航空券を使いましょう。そこには航空業界独特の常識があるからです。

飛行機は遅れるものです

まず前提として、飛行機は遅れるものです。ただし15分以内の遅延ならば、定時!そうした決まりがあります。とはいえ羽田や成田の発着数を知れば、遅れずに飛んでいる方が不思議!実感できるはずです。

首都圏のJR線に慣れたビジネスマンであれば納得できないかもしれません。しかしビジネスマンであれば、航空業界の常識を知っておくべきです。

JALの定時到着率は侮れない

それでも日本の航空会社は違います。遅れるのが常識であるとはいえ、定時運行に努める姿勢が違います。例えばJALの定時到着率は、世界的に認められています。すったもんだがあったとはいえ、JALは侮れません。

もちろんANAも同様です。数字的には現れませんが、天候などの不可抗力的な遅延以外は、ほとんどトラブルがありません。乗ってしまえば格安航空券でも同じなので、二大航空会社を選ぶべきです。

なお格安航空券ならば、空港到着後直ぐにチェックインしましょう。手続きを済ませれば、正規チケットと変わりません。しかしその前に遅延や欠航が発生すれば、キャンセル待ちが後回しにされるリスクはあります。

LCCは遅れが常態化している

格安航空会社LCCは安いですが、問題も多いでしょう。こちらも遅れるのが当たり前です。1時間遅れることも稀ではありません。それもそのはずです。数で稼ぐため、空港滞在時間が短く設定されています。物理的な無理があります。

同じ飛行機を往復させているため、遅延がどんどん積み重なります。LCCの最終便は、到着しないことがある!一応覚悟しておいた方が無難です。

使ってみましょう

ビジネスなど時間厳守を考えるなら、JALやANAの格安航空券を使ってみましょう。プライベートな旅行であっても、イライラすることがありません。

関連する記事

Copyright(C)2016 賢く格安航空券を使う! All Rights Reserved.